Press "Enter" to skip to content

喜ばれる紙袋や人気の紙袋と保存方法

紙袋といっても種類は沢山あり、頂き物をしたときの紙袋やブランド品を買ったときの紙袋、お子様のプレゼントなどに使う紙袋などを毎回とっておきます。意外と色々な場面で活躍してくれます。キャラクターの紙袋は、お安い100円ショップなどで購入することが多いです。安くて、種類も豊富なので友達のお子さんのプレゼント用に何枚か確保しておきます。100円ショップのものなら、お店に行けば色々な紙袋が売っているので、必要になったときにだけ買う場合にもとても便利です。なんといっても、好きなキャラクターの紙袋をみたお子さんの顔が笑顔になるので、プレゼントしたほうも嬉しくなります。私の友達に、紙袋コレクターがいます。コレクターの友達は、ブランドの紙袋に目がなく、有名なブランドの紙袋をお弁当袋代わりに使っています。

お弁当が小さいので、ジュエリー用の紙袋などをみつけると商品ではなく紙袋を欲しがります。会社などに持っていく通勤バッグのサブ用お洒落として、とても良いそうです。最近では、洋服などのブランドショップの紙袋がとてもかわいらしく、OLの方や女子高生などの若い方がよく持っているのをみかけます。紙袋もお洒落のひとつとして取り入れられているんですね。私の場合は、ちょっとした重いものを持つときなんかに使っています。車に1枚のせておくと、ゴミ袋に使えたり、エコバックを忘れたときなどにすぐ使えるのでとても重宝しています。無地の紙袋をとっておくと、お歳暮などに使えますし、お友達にプレゼントを渡すときなどにも使えるのでとても便利です。

ブランド用の紙袋は必ずとっておきます。不要になったブランド品を買取してもらうときに付属品として査定してもらうためです。ブランド品を買取査定してもらうときに、紙袋の有無で査定金額が変わります。せっかくなので、査定金額が少しでも多くなったほうがお得感がありますよね。100円~300円ほどですが、査定金額が変わったことがあります。紙袋の保存はとても簡単で、大きな紙袋ひとつに複数の紙袋を保存して日のあたらない場所に保存しておけば、ある程度綺麗な状態で保存することができます。場所もとらないので、とっておいてもゴミになりません。日のあたる場所に置いておくと、紙袋が日焼けして色が変色してしまうので、日のあたらない場所が良いです。洋服と違い、虫などがつくこともないので長期保存にも適しています。色々な場面で使える紙袋は、必ずとっておいています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です